あげぽよ

一般

あげぽよ

あげぽよ

テンションが上がっている状態のこと。

2010年、東京の若い女性(特にギャル)を中心に広まった後、その耳に残るフレーズから全国的な流行語となった。

芸能事務所A-Lightエーライツ)』所属で、雑誌「egg」(大洋図書)の看板カリスマモデルである『川端かなこ』が生み出した。

あげぽよー」と語尾を伸ばして発音されることが多い。反意語は「さげぽよ」。

「2010年女子中高生ケータイ流行語大賞・銀賞」受賞、「2010年ギャル的流行語大賞・第1位」受賞、「2011年ユーキャン新語・流行語大賞」候補。

語源

「あげ」とは「上がっている、アゲ〜↑」という意味、「ぽよ」は「なんとなく可愛いから」という理由でついている接尾辞

接尾辞「ぽよ」は推量をあらわす「〜ぽい」の短縮形「ぽ」と終助詞「〜よ」の合成による。

「あげぽよ」の進化

あげぽよ」の反意語である「さげぽよ」をはじめ、「ぽよ」を語尾につける言葉が増えている。また、文章の最後にとりあえず「ぽよ」を付ける風潮も生まれている。

  • 「おつぽよ」・・・おつかれさま
  • 「萎えぽよ」・・・萎えた
  • 「ムカぽよ」・・・ムカついた
  • 「ダメぽよ」・・・ダメだ
  • iPhone4S欲しいぽよ」
  • 「テスト勉強するぽよ」

Twitter検索:「ぽよ」



[rakuten:dreamv:10020896:detail]

[rakuten:ka-clover:10009789:detail]