スマートフォン用の表示で見る

あさのまさひこ

アート

あさのまさひこ

あさのまさひこ

フリーライター、模型文化ライター、「ワンダーショウケース」レーベルプロデューサー。本名・朝野正彦。1965年生まれ。東京都出身。スタジオキュービックス所属。

1984年頃、ファンロード誌上にて暴れ廻っていた、おたくのなかのおたくとでも呼ぶに相応しい人物*1

もともと優秀なモデラーであり、秋山徹郎率いる伝説のフィギュアモデラー集団「OFF」の一員でもあった。特に、アマチュア時代にワンフェスワンダーフェスティバル)で販売した「1/15キリコ・キュービィ」(装甲騎兵ボトムズ)は、2人の作画監督塩山紀生谷口守泰)の画風を再現した、2つの頭部パーツが付属するというマニアックな仕様であった*2

現在ではプラモデルガレージキットの取材及び批評が主な活動。村上隆との共同作業では、アートの視点から(そして、おたくとしての立場から)おたくと呼ばれているものを批判、解体するなど、かなり先鋭的な仕事をしている。ガレージキットを取り巻く状況に疑問を抱き、ワンフェスを主催する海洋堂が新しく取り組む意欲的なプロジェクト「ワンダーショウケース」を企画し全面的に関わる。

模型誌月刊モデルグラフィックス」で活躍中。なお、過去に同誌の編集長を務めた事もある。

匿名にて音楽業界でライターとしての仕事も行っており、アイドルやアーティストにもかなり詳しい。=真鍋公彦

*1:実際には、同誌の編集を行なっていた銀英社で、編集作業を手伝っていた。この経験が、その後のあさの氏の人生を決定付けたのは、言うまでも無いだろう。

*2:後にガレージキットメーカー・ウェーブより一般販売された。