「あさま」 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

あさま

あさま

あさまは、北陸新幹線を走行する列車愛称のひとつ。もともと東京長野間を運行していた同名の在来線特急を引き継ぐ形で運行されている。

列車名は群馬県長野県境にある浅間山から。

在来線時代の「あさま」

1966年上野駅長野駅直江津駅間を高崎線信越線経由で運行する特急列車として設定された。横川駅軽井沢駅間は、EF63形電気機関車2両を補機として連結し、総括制御によって運転するため、専用の189系電車が用いられた。

1997年北陸新幹線開業まで運行された。

f:id:Sagittarius_Arrow:20150616135835j:image

北陸新幹線「あさま」

1997年北陸新幹線長野新幹線)が長野駅まで開通すると、それまで在来線で運行していた在来線特急から「あさま」の名を引き継ぎE2系で運行されるようになった。

2015年金沢駅延伸後は、東京駅長野駅間だけを運行する便で引き続いて名称を使用している。ただし、車両は徐々にE7系に置き換えられている。