スマートフォン用の表示で見る

あした出逢った少女

ゲーム

あした出逢った少女

あしたであったしょうじょ

夏。

近くにカルデラ湖を控え、自然に囲まれた田舎の村──「高千穂」(たかちほ)村。

その高千穂村において、主人公は、ぼんやりと空を見上げていた自分に気付く。


──記憶喪失。


過去に関する記憶が失われてしまっていた。

奇妙な事に、昼間だというのに、空が、夕暮れと日の出を合わせたような、

おかしな色に見えた。


従姉だという女性に連れられ、主人公は、「橘高」家にて居候する事になる。

その家には、美しい4人の姉妹が居た。


ひとときの、穏やかな日常。


──やがて、悲しい事件が幕を開けた。

メーカーホームページより