あっぷ

アニメ

あっぷ

あっぷ

企画名としては、声優オーディション企画「あっぷ」。

KSSが行ったユーザー参加型のオーディション企画

※つまり当時人気があった(かもしれない)アサヤンをちょっとパクって声優でもやってみっか、という企画であった。

・第1次オーディションにて10名が選ばれ第2次オーディションで最終5名の選考を公開で行うふれこみであった。

その時のキャッチフレーズは「みなさんの応援(投票)が多かった美少女5人には、輝ける未来が待っています。」

※1次オーディションの詳細についてはは不明。

・第一次メンバーは瑞原希、東里、AKIKO、中野知美、浅木舞、森田早桜、崎谷芙由美、松来未祐菊池由美古山きみこ(※当時…現→こやまきみこ)。

二次審査で、5名を選ぶはずであったが結果は古山、松来、森田、菊池が選ばれ、。5人目は崎谷、中野、瑞原が僅差だったので継続選考という無茶な審査に。

その後、瑞原希が個人の事情によりオーディションを離脱すると、残りの2人がを「プチあっぷ」として組ませて、当初の目的と逸脱し始める。

・当初、勝ち抜いた5人にはパーソナルな魅力満載のスペシャルビデオが製作・発売されCDソロデビューもできる予定であったが、実際発売されたのは4本のみに終わり、その後KSSの経営悪化などにより企画自体が自然消滅した。

が、当時「あっぷ」オーディションのナレーターであった諏訪部順一松来未祐の腐れ縁はその後も続き、他のメンバーには黒歴史になるも、松来未祐だけはネタとして、しばらく使われることになった。

(※ただし、当時より10年以上が経った今は、ほとんど忘れ去られ、自然黒歴史化し風化している)