あぶらとり紙

一般

あぶらとり紙

あぶらとりがみ

顔の皮脂を取るために用いる和紙化粧品

概要

金箔を薄く引き延ばすために使われる雁皮紙「打ち紙」を「ふるや紙」と呼び、古来から上流社会の女性などがそれを顔の皮脂を取る為に用いていたのがきっかけだとされる*1 *2。そこから金箔の製造が盛んだった金沢と、舞妓などが化粧用に使っていたために京都などで名産物として普及した。