スマートフォン用の表示で見る

あんかけ

あんかけ

あんかけ

餡掛け。葛餡?(くずあん)・葛溜?(くずだまり)をかけた料理。葛ひきともいう。江戸時代には「あんぺい?」と称され、関西では「のっぺい?」と称されたという。

葛粉?あるいは片栗粉を水でといて調味した出し汁に流し入れ、火を通して透明な粘液状にしたのが葛あん?で、これを蒸したり煮たりした材料に流しかける。豆腐野菜魚介類麺類、粥などに適する。