スマートフォン用の表示で見る

いーちゃん

読書

いーちゃん

いーちゃん

西尾維新の小説、「戯言シリーズ」の語り手のニックネーム。他にも、いーたんいっくん、いの字、いーの、いのすけ、などと呼ばれたりする。そこからとんで西尾維新本人の愛称として使われることもある。

作中では本名が明かされていないものの、シリーズ第三作「クビツリハイスクール」では本名に関して以下の3つのヒントが示された。

  1. 今までに呼ばれたニックネーム……「師匠」「いーたん」「いっくん」「いの字」「いー兄」「いーの」「いのすけ」「戯言使い」「詐欺師」「欠陥製品」
  2. 名前をローマ字で表した場合の、母音の数と子音の数……母音が8、子音が7
  3. 「あ」を1、「い」を2、…「ん」を46として名前を置き換える。その総和……134

但しこれらの条件に一致する文字列は多数存在するため、特定するのは不可能であるとされる。ちなみに「西尾維新」はこれらの条件に当てはまらない。

彼を本名で呼んだ人間は死んでしまうらしい。現に彼の妹*1はそれが原因で死んでしまったとか。

*1:ちなみに妹の名は「伊井遥奈(いいはるかな)」。ただ、この名前が本当の名前であるかどうか不明であり、また本当だとしても、「いーちゃん」の姓が「伊井」であるかどうかは微妙なところである