スマートフォン用の表示で見る

いかりや長介

一般

いかりや長介

いかりやちょうすけ

本名:碇矢長一

1931年11月1日東京都本所区(現在の墨田区)生まれの駒形育ち。

戦後職場でのサークル活動が嵩じ、ハワイアンバンドに参加。

後にロックバンド・クレイジーウエストを経て「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に参加。そのクセのあるベース奏法は、のちに「いかりや奏法」と称された。桜井輝夫の現役引退後リーダーとなり、「いかりや長介ザ・ドリフターズ」が誕生。

以後、ザ・ドリフターズのリーダー、また俳優としても活躍した。中でも踊る大捜査線では、血気にはやる青島を諌めたりするベテラン刑事・和久さんの役として有名になった。小泉孝太郎とも親交があり、番組の企画で対談を行うこともあった。

後に、自伝「だめだこりゃ」を出版。ドリフターズ時代のオチのセリフがそのまま題名になったことでも話題になった。

2004年3月20日原発不明がん頸部リンパ節転移により死去。享年72歳。

テレビドラマ


関連キーワード