スマートフォン用の表示で見る

いじめ問題

一般

いじめ問題

いじめもんだい

 2006年に学校でのいじめを原因とする自殺が相次ぎ社会問題化。

ただ問題自体は古くから存在し、1986年の鹿川君事件で社会的に注目されるようになる。

しかし「いじめはどこにでも存在する」「いじめられる側の弱さが問題」といった意見も根強く、事件が風化するとともに「いじめはどうやったらなくせるか」という議論も行われなくなり、未だに根本的な解決策が見出されていない。