スマートフォン用の表示で見る

いたちごっこ

一般

いたちごっこ

いたちごっこ

江戸の終わりごろ、子供たちの間に「いたちごっこ」なる遊びが流行ったという。「鼬ごっこ鼠ごっこ」と唱えながら向かい合った二人が相手の手の甲をつねり、その手を重ねていく遊びで、それを終わりなく繰り返すことから転じて、相手より優位に立とうと繰り返すことを「いたちごっこ」と言うようになったらしい。(JASRAC NOW No.560から引用)

転じて、いつまでたっても勝敗が完全には決まらない勝負のこと。例)鍵屋と泥棒