いとう句会

読書

いとう句会

いとうくかい

昭和9年4月より、渋谷大和田町の「いとう旅館」にて催された句会。久保田万太郎宗匠に、万太郎人脈に連なる作家、編集者、画家、俳人、俳優、実業家らが参会し、句会というより文壇サロンの色合いが濃かった。

同人には、久米正雄高田保徳川夢声渋沢秀雄川口松太郎堀内敬三森岩雄佐佐木茂索宮田重雄内田誠秦豊吉五所平之助小島政二郎、大場白水郎?伊志井寛、小絲源太郎?、鴨下晁湖?、槇金一?、寺田栄一?、西村晋一?、三溝又三?が名を連ね、富安風生、水原秋桜子中村汀女獅子文六永井龍男車谷弘、柳永二郎、籾山梓月、小寺健吉、安住敦、戸板康二らもたびたび参加した。

名の由来となった「いとう旅館」は戦災で消失し、会場は田園調布にある渋沢秀雄邸に変更。『いとう句藻』(私家版、昭和11年7月)、『いとう句会壬午集』(私家版、昭和18年5月)、『句集・いとう句会』(いとう書房、昭和23年10月)、『いとう句会随筆集・じふろくささげ』(黄揚書房、昭和23年2月)など句集や随筆集も少なくない。昭和38年に要である万太郎が急逝し、同人も相次いで物故。昭和40年代には、その歴史に幕を閉じた。