スマートフォン用の表示で見る

いぬいとみこ

読書

いぬいとみこ

いぬいとみこ

児童文学作家。1924年、東京に生まれる。戦後まもなく創作を始め、50年に、佐藤さとる長崎源之助、らと同人誌「豆の木」を創刊。54年、「ツグミ」で児童文学協会新人賞を受賞したほか、57年「ながいながいペンギンの話」で第11回毎日出版文化賞受賞、61年「木かげの家の小人たち」で第1回アンデルセン賞国内賞受賞、64年「北極のムーシカミーシカ」で第5回国際アンデルセン賞佳作賞受賞、65年「うみねこの空」で第3回野間児童文芸賞受賞。83年「山んば見習いのむすめ」で第13回赤い鳥文学賞受賞。そのほか路傍の石文学賞など受賞多数。大自然の中で生きる動物を生き生きとしたタッチで(時にはシリアスに、時にはユーモラスに)描く作品、現実の世界とファンタジーの世界の交錯を描く作品、など児童文学の王道とも言える分野を築き上げ、戦後の児童文学界に新風を吹き込んだ。2002年77歳で没。