スマートフォン用の表示で見る

うたかたの記

読書

うたかたの記

うたかたのき

 森鴎外の小説。初出:明治23年8月「しがらみ草紙」

 明治19年、森鴎外ミュンヘン大学に入ったが、そのころ知り合った画学生原田直次郎をモデルにして、この作品を書いた。

 風光明媚なスタルンベルヒ湖において演ぜられる死のドラマは、神秘的な雰囲気につつまれる。雅文で書かれた力強い清新なしらべをもつロマン的な一編。

 

舞姫・うたかたの記―他3篇 (岩波文庫 緑 6-0)

舞姫・うたかたの記―他3篇 (岩波文庫 緑 6-0)