おおえまさのり

読書

おおえまさのり

おおえまさのり

1942年生まれ。

65〜69年にかけて映画制作のためニューヨークに渡り、スピリチュアルムーブメントと出会う。

その後インドを旅してチベット仏教に出会い、『チベット死者の書』を日本語翻訳。

以後精神世界ニューエイジの展望を切り開くさまざまな企画・出版・学塾などに携わる。

現在は、自然農法を実践している。