おおがきビエンナーレ

アート

おおがきビエンナーレ

おおがきびえんなーれ

岐阜おおがきビエンナーレ」は岐阜県大垣市で隔年に開催される国際的なメディアアートの祭典です。




おおがきビエンナーレ 2006

「じゃんけん:運の力」

http://www.iamas.ac.jp/biennale06/


開催期間:2006年10月6日(金)〜15日(日)


岐阜おおがきビエンナーレ2006」は、岐阜県大垣市で10日間にわたって繰り広げられる、メディアアートの祭典です。

第二回目となる今回は、メディアアートのキュレータ、批評家として国際的に活躍するグナラン・ナダラヤンと情報科学芸術大学院大学メディア美学の教鞭をとる吉岡洋の二人がディレクションを行います。「じゃんけん」という遊びを非西欧的で柔軟な神話的発想としてとらえなおし、ビエンナーレの全体テーマとして掲げます。

 このビエンナーレの特徴は2つあります。ひとつは、近年、急速な勢いで伸び、世界から注目を集め始めたシンガポール、タイ、フィリピンインドネシアインド中国韓国など、アジアメディアアーティストにスポットをあてる、日本では初めての展覧会となること。そして、これらの展示を岐阜県大垣市の街のなかに点在するさまざまな場所を使って展開していくことです。



過去の開催分:

おおがきビエンナーレ 2004 「未来の学校」

開催期間:2004年2月21日〜3月7日

http://www.iamas.ac.jp/biennale04/


おおがきビエンナーレ」は、「世界メディア文化フォーラム」の新たな展開として、IAMAS情報科学芸術大学院大学国際情報科学芸術アカデミー)が企画・運営を担当するアートイベントです。

今回は「未来の学校」をテーマに、情報メディア時代にふさわしい新しい学びの場のイメージを「アート」を手がかりにして創り出していきます。

ワークショップ』、『シンポジウム』、の『ミュージアム』の3つのカテゴリーを 軸に、コンサートやパフォーマンス、映画上映会など盛り沢山の企画が予定されています。

参加者が積極的に関わることのできる楽しい仕掛けに満ちたインタラクティ ブ、参加型のイベントがいっぱいです。