スマートフォン用の表示で見る

おふくろさん

音楽

おふくろさん

おふくろさん

森進一の代表曲。 作詞:川内康範、作曲:猪俣公章

1971年に発表。その年の紅白歌合戦で壮絶なまで歌い上げる姿が印象的だった。

その森進一のレパートリーの一つとして、歌っていたが、2006年の紅白歌合戦で歌った際、語りかけるような歌い方に作詞した川内康範が激怒。森進一は、謝罪に応じようとしたが、川内康範は面会謝絶。そのあげく、歌唱禁止まで下した。この語りかける歌い方は前からしてたが、川内康範は事前に承諾してなかった。一時問題にまでなったが、2008年、川内康範の死去で生前の和解が実現されず、今も歌えない状態になってる。

なお、この歌は、森自身の実母への思いから一時歌えなかったことがある。

ちなみに、この曲の歌碑が鹿児島県下甑(しもこしき)にある。

作詞家の川内康範の遺族らが2008年11月1日までに話し合いを持ち、歌うことが許可された。

遺族側としては「名曲が歌われなくなってしまうのは本意ではない」とのことらしい。