おバカ

アート

おバカ

おばか

一般的には蔑称である「バカ」について、テレビバラエティ向けに口にしやすく角を取った言葉。

発祥は1960年代の映画「007 カジノ・ロワイヤル」とも言われている。

テレビ番組「クイズ!ヘキサゴンII」にて多用するようになり、里田まいスザンヌ木下優樹菜の「おバカ三人娘」がPaboとして、つるの剛士上地雄輔野久保直樹の「おバカ三銃士」が羞恥心として、それぞれ歌手デビューしている。