スマートフォン用の表示で見る

お薬手帳

サイエンス

お薬手帳

おくすりてちょう

病院/薬局で処方された薬の名前や飲む量、回数などの記録を残すための手帳。「おくすり手帳」「薬識手帳」とも。

この手帳を医師薬剤師に見せることで、薬の重複や、多くの診療科での薬の相互作用による副作用の危険性を避けられるというメリットがある。処方箋で薬を調合してもらえる全国の保険薬局で申し出ると、無料で作ってもらえる。

1993年に導入開始。もともとは一部の医療機関調剤薬局で始まったサービスであるが、2000年より国の制度となり、調剤報酬として評価されるようになった。薬剤の服用に関して基本的な説明や指導、情報提供を行う際に薬局が得る「薬剤服用歴管理指導料」は410円(3割負担の場合は130円)で、お薬手帳への記載もここに含まれる。2014年4月の医療費改定以降、手帳への記載が不要の場合は340円(3割負担の場合は110円)となった。

10 薬剤服用歴管理指導料(処方せんの受付1回につき)41点

  • 注1 患者に対して、次に掲げる指導等のすべてを行った場合に算定する。ただし、ハを除くすべての指導等を行った場合は、所定点数にかかわらず、処方せんの受付1回につき34点を算定する。
    • イ 患者ごとに作成された薬剤服用歴に基づき、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量、効能、効果、副作用及び相互作用に関する主な情報を文書又はこれに準ずるもの (以下この表において「薬剤情報提供文書」という。)により患者に提供し、薬剤の服用に関して基本的な説明を行うこと。
    • ロ 処方された薬剤について、直接患者又はその家族等から服薬状況等の情報を収集して薬剤服用歴に記録し、これに基づき薬剤の服用等に関して必要な指導を行うこと。
    • ハ 調剤日、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量その他服用に際して注意すべき事項を手帳に記載すること。
    • ニ 患者ごとに作成された薬剤服用歴や、患者又はその家族等からの情報により、これまでに投薬された薬剤のうち服薬していないものの有無の確認を行うこと。
    • ホ 薬剤情報提供文書により、投薬に係る薬剤に対する後発医薬品に関する情報(後発医薬品の有無及び価格に関する情報を含む。)を患者に提供すること。
調剤報酬点数表(厚生労働省)(PDF)