かーちばい

地理

かーちばい

かーちばい

夏至南風(かーちばい)

沖縄の言葉で、梅雨明けの時に吹く若干強い南よりの風のこと。

沖縄では夏至にあたる6月下旬は梅雨明けの時期。

太平洋高気圧からの暑い気流がオホーツク高気圧からの涼しい気流とぶつかって梅雨をもたらす。

前者が後者を押し上げ、沖縄を勢力圏内に入れると梅雨が終わり、本州に梅雨が移動する。

その時、太平洋高気圧の淵を夏の暑い空気が一気に流れ込んでくる現象。

沖縄ではこれを夏の使者として「かーちばい」と呼んでいる。