スマートフォン用の表示で見る

がめ煮

がめ煮

がめに

人参、里芋、レンコン、ごぼう、こんにゃくなどを鶏肉と一緒に煮た福岡の代表的な郷土料理

「なんでも入れる」という意味の博多弁「がめくりこむ」がその名の由来とする説や、「どぶがめ」「川がめ」と呼ばれていたすっぽんとあり合せの材料を煮込んで食べたのが始まりとする説などがある。

がめ煮と筑前煮の違い

一般的に他の地域での呼称が「筑前煮」であり同じ料理と思われがちであるが、

がめ煮」の鶏肉は必ず骨付きである。「筑前煮」は骨付きである必要性は無い。

また、MS-IMEで変換されるのは「がめ煮」である。

関連語 飲食物