スマートフォン用の表示で見る

きみとぼくの壊れた世界

読書

きみとぼくの壊れた世界

きみとぼくのこわれたせかい

西尾維新の小説。

禁じられた一線を現在進行形で踏み越えつつある兄妹、櫃内様刻(ひつうちさまとき)と櫃内夜月(よるつき)。その友人、迎槻箱彦(むかえづきはこひこ)と琴原りりす。

彼らの世界は学園内で起こった密室殺人事件によって決定的にひびわれていく……。

様刻は保健室のひきこもり病院坂黒猫(びょういんざかくろねこ)とともに事件の解決に乗り出すが――?