くびき野

地理

くびき野

くびきの

信越本線新潟〜新井間を結ぶ、新潟都市間快速列車の名称。運転されている地域の旧地名、「頸城」からきている。

かつて最終的に新潟〜高田間を結んでいた特急「みのり」を快速に格下げされた列車である。

使用車両は新潟車両センター所属の485系6両のT16-17で、この2編成は基本的に、くびき野専用車となっている。

  • しかし、検査や故障などの都合で使用不可となった場合は、他のT,K,R編成が代走する場合がある。代走自体なかなかないが、R編成が代走するのは特に珍しい。
  • T16-17の新潟寄りモハユニットは、雷鳥で使用されていたときにサービス向上の一環でハイグレード車に改造されていて、通勤などに使っている利用者は鉄道ファンでなくともこの車両を狙う人が多い。

直江津〜新井間は、同じく特急型車両(189系)を使用する「妙高」号(直江津長野快速運転の1本を除きすべて各駅停車)と運転区間が重複する。

f:id:tokyu9000kei9007f:20120129141429j:image:medium f:id:tokyu9000kei9007f:20120408172244j:image:medium f:id:tokyu9000kei9007f:20110219193856j:image:medium

運用は1日3往復設定されてある。

停車駅は、新潟-新津-加茂-東三条-見附-長岡-宮内-柏崎-柿崎-直江津-春日山-高田-南高田-脇野田-北新井-新井

車内は、1号車前寄りがグリーン車指定席、1号車後ろ寄りと2号車が普通車指定席、3〜6号車が普通車自由席。

くびき野運転開始からしばらくは、新潟車両センター所属の485系4両のT21-22で運転されていた。

  • しかし、その2編成は乗り得の車両なのからか、清掃があまりしっかり行われておらず、沿線利用者からは不満があったようだ。そのおかげでK編成が代走に入った時は、あまりの車内の清潔さに利用者が驚いたという話もある。

なお、くびき野とは別に、定期運転を取りやめた急行きたぐに」の新潟口の代替と、朝晩の通勤通学の利便を図るため、新潟直江津間に快速おはよう信越」号(新潟行き)・快速らくらくトレイン信越」号(直江津行き)が各1本ずつ運行されている。運行時刻はかつての急行きたぐに」にほぼ沿う形で前者はくびき野1号より早く直江津を発車し、後者はくびき野6号より遅く新潟駅を発車する。

おはよう信越」号はグリーン車連結で、普通車も含めて全車指定席。「らくらくトレイン信越」は乗車整理券を別途購入することで利用できる(乗車整理券のみでグリーン席に着席できる)。停車駅はいずれもくびき野とほぼ同じだが、宮内駅を通過する代わりに来迎寺駅に停車する他、新潟行きの「きたぐに」(新津から快速)が停車していた亀田駅を通過するなど一部差異がある。