スマートフォン用の表示で見る

くるり

音楽

くるり

くるり

『くるり』(QURULI)

京都府京都市にある立命館大学のサークルから結成されたロックバンド。ボーカル・ギター担当の岸田繁、ベース担当の佐藤征史の2人から構成。現在まで9枚のスタジオアルバムと22枚のシングルなどをリリースし、約80万枚のセールスを記録している。公式ファンクラブ名は「純情息子」である。

代表作に、映画「ジョゼと虎と魚たち」の主題歌になった『ハイウェイ*1(12枚目)、京浜急行電鉄からの依頼による企業タイアップシングル『赤い電車』(16枚目)、大鵬薬品工業チオビタ・ドリンクのCMソング『JUBILEE』(18枚目)などがある。デビュー曲は『東京』。


CDのカバージャケットに京都の様々な風景写真を使用したり、PVにも京都の映像を多く取り入れたりと、京都を愛するアーティストとしても知られる。2004年から2008年にかけては、毎年京都大学西部講堂を利用して、「みやこ音楽祭」を開催、他にもアルバム未収録曲に『京都の大学生』がある。

またシカゴ音響派の奇才ジム・オルークと共同プロデュースでアルバムの数曲を録音したりアート・リンゼイとのセッションライブ(ライブイベント「マウントフジエイド2000」)を行うなど国内外の枠も越えた音楽的視野を持っており、現在の日本のロックシーンで最も注目を集めるバンドである。

バイオグラフィー


現在のメンバー

岸田繁(VO.&G)

佐藤征史(B)

ファンファン(Tp. Vo)

年表

現在インターネット・ラジオくるりのイメージクラブ」配信中(http://www.quruli.net/cgi-bin/radio.cgi

07年2月26日 大村達身(G.)がCOUNTDOWN JAPAN06/07を最後にバンドを離れた事が公式HPで発表される。 

ディスコグラフィー

シングル

  • 東京(1998年10月21日)
  • 虹(1999年2月24日)
  • 青い空(1999年8月25日)
  • 街(1999年11月20日)
  • 春風(2000年4月5日)
  • ワンダーフォーゲル(2000年10月18日)
  • ばらの花(2001年1月24日)
  • リバー(2001年5月17日)
  • ワールズエンド・スーパーノヴァ(2002年2月20日)
  • 男の子と女の子(2002年5月9日)
  • HOW TO GO(2003年9月17日)
  • ハイウェイ(2003年11月5日)
  • ロックンロール(2004年2月11日)
  • BIRTHDAY(2005年2月23日)
  • Superstar(2005年8月24日)
  • 赤い電車(2005年9月22日)
  • Baby I Love You(2005年10月26日)
  • JUBILEE(2007年5月30日)
  • 言葉はさんかく こころは四角(2007年7月25日)
  • さよならリグレット(2008年9月3日)
  • 三日月(2009年2月18日)
  • 愉快なピーナッツ(2009年4月29日)

アルバム

  • さよならストレンジャー(1999年4月1日)
  • 図鑑(2000年1月21日)
  • TEAM ROCK(2001年2月21日)
  • THE WORLD IS MINE(2002年3月20日)
  • アンテナ(2004年3月10日)
  • NIKKI(2005年11月23日)
  • ワルツを踊れ Tanz Walzer(2007年6月27日)
  • 魂のゆくえ(2009年6月10日)
  • 僕の住んでいた街(2010年5月26日)

ライブアルバム

  • Philharmonic or die(2007年2月20日)

ベストアルバム

  • ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER-(2006年7月26日)
  • ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER 2(2011年6月29日)この時期に新メンバーの3人を加え、5人編成となる。

DVD

  • くるくる鮨(2004年7月21日)
  • くるくる節(2004年9月22日)
  • 横濱ウィンナー(2008年5月21日)

*1PV主演は妻夫木聡

*2岸田繁、みなと屋で魚を焼いてテンションを上げすぎ、ステージを巻きすぎて時間が余るというハプニングも。