おこた からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

こたつ

こたつ

暖房具の一種。炬燵、火燵、火榻、コタツ、とも表記される。

炭火や電気の熱源をやぐらで囲い、布団をかけて暖をとる。

古くは掘り炬燵が一般的であったが、江戸時代に置炬燵が普及し、現在では置炬燵が大半を占める。

テーブル・ちゃぶ台の内部に暖房するための仕掛け(ヒーター・練炭等)を入れ、上から布団を被せるという形式の暖房器具のひとつ。一般的には、電気式ヒーターをテーブル内部に仕込んだものが市販されている。

北海道ではあまり普及していない。

文化

ネコみかんがセットになって語られる。冬の季語