スマートフォン用の表示で見る

この胸いっぱいの愛を

映画

この胸いっぱいの愛を

このむねいっぱいのあいを

日本映画。

イントロダクション

誰にでも思いあたる“悔いあること”。

もし悔いの残る“あの過去”に戻ってしまったら・・・。

この物語は、“悔いがうまれてしまった時間”に戻るという現象に巻き込まれ、“もう一度その時間と向き合う”事となった人々の姿を描いた作品です。

「死に別れた人への思い」を描いたあの感動作『黄泉がえり』同様、“生きていく希望”“魂を揺さぶる感動”にあふれた作品が誕生しました。

2003年、記録的大ヒットが記憶に新しい『黄泉がえり』。

その原作:梶尾真治と監督:塩田明彦が、再び新たな感動を創造しました。

この胸いっぱいの愛を』は、梶尾真治の原作「クロノス・ジョウンターの伝説」(朝日ソノラマ刊)を監督の塩田明彦らが大胆に脚色。

主演は『海猿』(04年)で好演した伊藤英明、ヒロインは『着信アリ2』(05年)のミムラ。そして『黄泉がえり』同様、倍賞千恵子宮藤官九郎中村勘三郎、勝地 涼、臼田あさ美古手川祐子坂口理恵ダンカン、宮岡 涼、吉行和子愛川欽也と多彩なキャスト陣が、予測不可能なそれぞれのドラマで熱演を見せます。

またクライマックスのオーケストラ指揮は、各界から注目される若手指揮者の第一人者、金聖響が華麗に彩ります。

公式サイトより