こぶとりじいさん

読書

こぶとりじいさん

こぶとりじいさん

日本の昔話の1つ。お爺さんが鬼に質草として頬の瘤を取られる説話である。「宇治拾遺物語」には「こぶ取り爺」として収録されている。