スマートフォン用の表示で見る

こんなこともあろうかと

アニメ

こんなこともあろうかと

こんなこともあろうかと

宇宙戦艦ヤマト』の真田志郎技師長以来、ロボットアニメで博士が使うおきまりの決め台詞。困ったときの「こんなこともあろうかと」頼み。というか最近ではほとんどギャグ。

ちなみに真田志郎自身は、最初のテレビシリーズ最終話で空間磁力メッキを使用した際にこのフレーズを発したと一般には思われているが、実際には「宇宙戦艦ヤマト2」第10話の1回しか使っていない。

なお、1974年のヤマト放映より以前、初代ウルトラマン1966年)に登場した科学特捜隊のイデ隊員が、発明品を披露する際に頻繁にこのセリフを頻発していた(第16話「科特隊宇宙へ」に登場する新兵器「マルス133」など)。

また小惑星探査機「はやぶさ」の運用においては、故障したイオンエンジンに「こんなこともあろうかと*1」組み込んでおいた1個のダイオードが窮地を救ったというエピソードがある。