ごねる

ごねる

(一般)
ごねる

1、死ぬ。くたばる。
2、不平・不満・要求をくどくどと言いたてる。= ごてる。
3、しくじる・失敗する。(高松の方言)

江戸時代のなかばごろには「ごねる」は「死ぬ」という意味で使われていた。現代では「こねる」と「ごてる」との混交から「不平・不満・要求をくどくどと言いたてる。」という意味で使用されている。「ごねる」の本来の意味は「死ぬ。くたばる。」で御涅槃(ごねはん)」の動詞化。

ネットの話題: ごねる

人気

新着

新着ブログ: ごねる