市立浦和高校 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

さいたま市立浦和中学校・高等学校

さいたましりつうらわちゅうがっこうこうとうがっこう

埼玉県さいたま市浦和区(旧浦和市)にある市立の中学校・高等学校。男女共学。通称は市立浦和

1950年、旧制浦和市立高等女学校と旧制浦和市立中学校が合併し、浦和市立高等学校として創立。

2001年、市の合併に伴い、さいたま市立浦和高等学校に校名を変更した。

2007年、同じ敷地内に中学校を併設し、併設型中高一貫校となった。

県内有数の進学校として知られる。高校は全日制普通科

サッカー部は古豪。全国高等学校サッカー選手権大会で優勝4回(1959年1960年1964年1972年)、全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で優勝1回(1967年)の成績を残している。


埼玉県立浦和高等学校との混同に注意。

メモ

  • 進学実績の躍進が著しく、難関大学に多数の合格者を輩出している。現役進学率は極めて高く、92%は全国屈指の数値であるように、現役に非常に強い学校である。
  • 部活動加入率は高く、文武両道の伝統が根付いている。
  • 中学1年次から「英会話」「日本文朗読」「数学反復学習」などを毎日行なう「Morning skill up unit」が実施され、継続による学力向上を目指す。
  • 全国の公立高校の中でも先立って中国への修学旅行を行なった学校である。