スマートフォン用の表示で見る

さくらの唄

マンガ

さくらの唄

さくらのうた

安達哲(著)

講談社漫画文庫

上巻(2001/04)

文庫:357p;サイズ(cm):15

出版社:講談社;ISBN:4062609630

下巻(2001/04)

文庫:369p;サイズ(cm):15

出版社:講談社;ISBN:4062609649

(上巻)

出版社/著者からの内容紹介

青春は美しくない。「自分に人生があったのは、この日のためだったと今わかった」

安達哲が贈る世紀を超えた名作。青春漫画の極致。人生つらくなったら読み返すべし。

富士桜ヶ丘高校美術部員、市ノ瀬利彦。暗澹たる青春を贈る彼にとっての救いは同級生の仲村真理であった。太陽のような彼女とのつき合いを通じて、明朗な学園生活への期待を持ち始めた利彦は、文化祭で彼女主演の映画を上映しようと決意する。そこで彼は希望に満ちた毎日を手に入れることが出来るのか……。心に痛い青春漫画の傑作!

(下巻)

出版社/著者からの内容紹介

期待してもいいの。「おっさんの異常な世界の住人にしないでよ」

安達哲が贈る世紀を超えた名作。青春漫画の極致。人生つらくなったら読み返すべし。

文化祭用映画の撮影も順調に進む中、権力者である叔父の金春が後継者に利彦を選んだことで、すべての歯車が狂い出す。女教師との乱れた愛、仲村真理からの誘い、金春の仕掛けた裏工作によって権力の甘い誘惑に埋没しかける利彦。そして、明るい学園生活の象徴だった文化祭を舞台にあの想像を絶する出来事は起こってしまった……読者の熱狂的支持を受けた爆弾作品の後編部。

1990年1991年ヤングマガジン」(講談社)連載

1991年単行本初発行 ヤンマガコミックス(講談社)全3巻(絶版)

愛蔵版(講談社)上下巻

ヤングマガジンで唯一成年コミック指定を受け、「有害図書論争」に巻き込まれて発禁にされかけた伝説を持つ作品(単行本では第3巻のみISBN:4061022997)。ただし連載された訳ではなく、打ち切り後の書き下ろし部分である。作者曰く「メチャクチャに書いてたら凄いものが出来上がってしまった」。確かに内容は担任教師とのセックス・おじによる姉のレイプ・姉とのセックスなどと凄いが、終始「救い」の予感に満ちた作品である。