スマートフォン用の表示で見る

さくらむすび

ゲーム

さくらむすび

さくらむすび

リスト::ギャルゲー//タイトル/さ行

さくらむすび

さくらむすび

原画:☆画野朗、シナリオ:トノイケダイスケがメインとなって手掛けたF&Cの「水月」。このスタッフによる新ブランドCUFFSでのデビュー作となる*1

また、CUFFSはF&C系列ではなく、テリオス系列のブランドとなる。

ストーリー

僕には、両親がいない。

そのことに気づいたのは、物心ついてしばらく経ってからのことだった。

僕の側には桜がいて紅葉がいて、養ってくれる大人たちもいて。

それで、何もおかしいことなんてない。

そう思っていた。

だから両親が事故で他界しているのだ、ということを理解した際も、特に衝撃を受けたという記憶がない。

どうしたって、僕にとっての両親は、ここまで僕を育ててくれた二人でしかありえなかったから。

けれども…

どうして僕と桜が別々の家に引き取られたのか。

そのことだけは、とても疑問に思っていた。

子供を一人養うということがどれだけ困難であるか。

当時は、それを想像することすらできなくて…

幼い日の僕たちにとって、それはただ理不尽な話でしかありえなかった。

どうして兄妹が離れて暮らさなければいけないのか。

この世界には神様だとか魔法だとか、何かしら目に見えない大きな力があって。

それが僕たちから両親を奪い、そして今度は妹までをも奪おうとしているんじゃないか?

そんな幼い考えに囚われていた、あの頃。

僕は確かに子供で…

自分一人ではなんにもできなくて…

ただ、桜の実の兄であること。

それが、幼い僕の精一杯だった。

だから――

早く大人になって、僕が桜を守るんだ、と…

僕だけはずっと桜の側にいてあげるんだ、と…


あれから、ずいぶんな時が流れ

数ヶ月後には卒業し、真剣に将来を見据えなければならないこの時になっても

しかし僕は、未だ子供のまま――

いつかの幼い誓いを、果たすことができずにいる


公式サイトより引用

主要登場人物

桐山圭吾 / 主人公

山桜 / 圭吾の妹

秋野紅葉 / 圭吾の従姉妹で、幼なじみ

瀬良可憐 / 桜の同級生で、圭吾の友人『瀬良邦彦』の妹

瀬良邦彦 / 圭吾の同級生にして、瀬良可憐の兄

原崎龍馬 / 圭吾の同級生で、悪友

秋野静 / 紅葉の父

秋野菊代 / 紅葉の母

さくらむすび壁紙集

コミックマーケット68にて販売。

綾瀬 / 尾崎弘宜 / 榎宮祐 / 神吉 /☆画野朗 / 樹人 / 木場智士 / 源之助 / 狐印 / こもりけい / しゃあ / 鈴見敦 / すまき俊悟 / 天夢 森流彩 / ひ〜ろ☆ / freyja / 三月まうす / 水月悠 / 宮坂みゆ / ミヤスリサ / MOQ(敬称略)…OHPより引用

用意された数があまりに少ないのか、1日目は正午頃、2日目、3日目は開場1時間もしない内に販売終了し、ファンを困惑させた。

イベント限定品であり、再販予定はないと告知されており、現在*2は入手困難。

http://www.cuffs-soft.net/c68/index.html

また、同イベントで販売予定だったハンドパペット(桜)は諸般の事情で見送られた。

*1:このゲームの前に同スタッフでaria(F&C、FC01ブランド)というタイトルが予定されていたが…

*2:2005/8/28