さざなみ

地理

さざなみ

さざなみ

JR東日本京葉線内房線を走る特急列車の愛称。

外房線を走る特急わかしおとは姉妹列車である。


古くは昭和38(1963)年10月から運転を始めた両国館山・千倉間の準急の愛称として使われたが、昭和40(1965)年10月のダイヤ改正急行内房に編入されて一度は消滅する。

しかし、昭和47年7月の房総西線を内房線に改称するのと同時にエル特急*1として復活する。

昭和57(1982)年に急行内房を格上げ吸収し、季節列車を含んで12往復となる。平成3(1991)年3月のダイヤ改正から総武本線成田エクスプレスに譲り、さざなみは京葉線を経由するよになった。

平成5(1993)年7月からビューさざなみ内房特急に加わる。

平成12(2000)年12月のダイヤ改正グリーン車が外されオールモノクラスの8両編成となる。

平成16年(2004)年10月のダイヤ改正よりさざなみ運用車両を183系からE257系に置き換え。

*1:平成14(2002)年のダイヤ改正にてエル特急の呼称はされなくなった