スマートフォン用の表示で見る

さんまのまんま

テレビ

さんまのまんま

さんまのまんま

関西テレビ制作の明石家さんまをホストにしたゲストトークバラエティ。

決まったホストがゲストを呼んでトークのみの構成は放送開始当時革新的だった。

関西地区ではゴールデンタイムの放送だが、関東地区では深夜に放送されている。

一般には「まんま」と呼ばれる。




※下記は根拠が示せるソースがない為、参考程度に留めておいて下さい。


明石家さんま氏自身が「トークの実験場」と公言しているように、

ゲストに嫌われる事を恐れずにトークを広げていく番組である。


視聴率を取る事にとらわれない、幅広いゲストの選択の為か、

さんまが番組収録中に「こいつとは話が合わないから、さっさと早く終わらせてくれ」

という意味のサインが存在する。(現在ではほとんど見られない)


上岡龍太郎氏の弟子ぜんじろう氏がゲストの回に、その話題がでてさんま自身が大笑いした

という事から、そのサインの存在は本当なのだろう。


サインはさんまがいつも座っているソファの座り方と目線にある。非常にわかりやすい。

ゲストが「元千代の富士関」の時に、はっきりとそのアクションが見られた為、

興味がある方はご覧になると面白いと思われる。