しまくとぅば

一般

しまくとぅば

しまくとぅば

「島言葉」、すなわち沖縄の島々で伝えられてきた言葉である「琉球語琉球方言」を指す。

沖縄県では戦時中、標準語励行運動が実施され、伝統的な言葉の衰退が本土以上に進み、高齢層以外の日常会話はウチナーヤマトグチが主流となった。

現在、この「しまくとぅば」を次世代継承するための催しが数多く行われている。