スマートフォン用の表示で見る

じゃあ死ねよ

マンガ

じゃあ死ねよ

じゃあしねよ

概要

美味しんぼ』第96集『究極の料理人“春編”〈1〉』にて、山岡士郎が岡星精一に対して放った言葉。

うつ病である岡星が漏らした「こんなに苦しいのなら死んでしまった方が楽です」という弱音に対して、山岡は「じゃあ死ねよ」と辛辣に言葉を返す。

直後に「死ぬと決めたらもう死んでいるのも同然だ。気持ちが楽になっただろう?」「あと1年だけ俺に命を預けないか?」と続き、山岡一流の心遣いであると判明する。

尚、同様の台詞は『名探偵コナン』にも存在し、主人公の江戸川コナンが犯人に対してこのセリフを発した。

使用法

弱音を吐いた人に対して使用する。人間関係に支障をきたすので使いどころが難しい。

使用例

「こんなに苦しいのなら死んでしまった方が楽です」
「じゃあ死ねよ」
「え?」
「死ねよ」