たほいや倶楽部ちょうぶそうし

どうやって遊ぶの?

たほいやには嘘回答の投稿・正解当ての2段階の楽しみがあります。現在は正解当てです。

「ちょうぶそうし」という言葉の正しい意味を、次の中から選んでください。また、それを選んだ理由も添えて、キーワードコメント、ブックマークコメント、出題者の日記コメントへ投稿して下さい。

  1. ちょうぶそうし【懲部草子】江戸時代の小説の一。町人の犯罪と町奉行の捕物を滑稽に描いた。
  2. ちょうぶ-そうし【長部草子】鎌倉時代随筆。作者不詳。現在の東北地方について記述している最初の随筆として知られている。
  3. ちょう-ぶそうし【長奉送使】斎宮伊勢神宮に赴任する時、奉送した勅使。
  4. ちょうぶそうし 自分が仲間外れになってひどく不愉快である。
  5. ちょうぶそうし 〔間投詞〕「ちょwwおまwww」の「枕・更級」板的表現。「チョーブソーシ」「頂部総脂」とも書く。
  6. ちょうぶ-そうし【町歩桑梓】山間のごく小さな集落。主に、自らの郷里をへりくだって言う語。→桑梓

今回の出題元は広辞苑第二版です。正解は確認しないでください。そんなことをしても面白くないので。

正解当ての受付期限

1月7日まで。集まらないようだったら締め切り延期。

正解の発表時期

1月8日頃を予定していますが、締め切り時期次第です。

おねがい

多くの人が参加するほど面白くなります。なるべく沢山の人に広めて頂けると助かります。

嘘回答はちょっと荷が重いという向きは、気軽な正解当てをどうぞ。