スマートフォン用の表示で見る

たんころりん

一般

たんころりん

たんころりん

竹と和紙で作った行灯のようなもので、原型は江戸時代の照明器具。

別名「ひょうそく」。

形がひょうたんに似ているので”ひょうたんころりん”、それが短縮されて”たんころりん”、単に”たんころ”とも言う。

愛知県豊田市足助町田町〜西町区間では毎年お盆シーズンにぼんやりと温かい灯りがほのかに店先や民家の軒先を照らし、観光客の目を楽しませている。