蛋白質 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

たんぱく質

たんぱくしつ

たんぱく質は、体内で筋肉や臓器などの構成成分となり、生命を維持するためになくてはならない栄養素。

化学的に見ると、多くのアミノ酸が鎖状につながっているものをたんぱく質と言う。

たんぱく質は体内に入ると、消化されて一旦アミノ酸に分解され、それから再び、骨や筋肉、血液など、体内の様々な部分を作る働きをするのに適した、様々な種類のたんぱく質に作りかえられる。

表記ゆれ蛋白質