スマートフォン用の表示で見る

ちくま日本文学全集

読書

ちくま日本文学全集

ちくまにほんぶんがくぜんしゅう

1991年から1993年にかけて刊行された文庫サイズでの日本文学全集。

全50巻の予定だったが、10巻が追加刊行された。

編集協力は鶴見俊輔森毅池内紀安野光雅井上ひさし。安野は装画も担当した。(「文学の絵本」にまとめられている)

作家解説帯コピー
25森鴎外安野光雅恋ふるゆゑに恋ふるとこそ聞け
37正岡子規天野祐吉宇宙はわれに在り。
23夏目漱石奥本大三郎別るるや夢一筋の天の川
27幸田露伴松山巖よし突貫してこの逆境を出でむ
41樋口一葉井上ひさしままならぬこそ浮世なりけり
57岡本綺堂杉浦日向子大江戸の巷から消えて行った…
49島崎藤村高田宏御一新がこんなことでいいのか
17泉鏡花紀田順一郎肉は燃える、血は冷える。
33柳田國男南伸坊隠れた現実の方が遙かに物深い
35寺田寅彦藤森照信事象は滅茶苦茶には起こらない。
31永井荷風小沢信男世の中はどうでも勝手に棕櫚
43志賀直哉村松友視自分に何の恥ずるところがある。
29中勘助串田孫一はるかなる昔を今に
11石川啄木関川夏央空に吸はれし十五のこころ
18萩原朔太郎荒川洋治飛べよかし! 飛べよかし!
7谷崎潤一郎杉本秀太郎恍惚として項を垂れ……
59折口信夫小松和彦神ここに生れたまへり。
21菊池寛井上ひさし頓着は一切無用じゃ。
22夢野久作なだいなだわが胸に邪悪の森あり
26岡本かの子工藤美代子いよよ華やぐいのちなりけり
5内田百間*1赤瀬川原平貧に処して天をうらみず。
50白井喬二池内紀富士のみはすべてを見通すか
1芥川龍之介安野光雅人生は死に至る戦いなり
13佐藤春夫川本三郎しんじつこひしきものゆゑに
19江戸川乱歩島田雅彦身の毛もよだつ五彩のオーロラ
9金子光晴茨木のり子いのちもたまゆら
3宮沢賢治井上ひさしこんや銀河と森とのまつり
20尾崎翠矢川澄子今晩蘇が恋をはじめたんだよ。
38大佛次郎鎌田慧まず生きてみることである。
47川端康成須賀敦子魔が通りかかって山を鳴らし…
30石川淳種村季弘ほい、まだ地上に生きていたか。
15稲垣足穂佐々木マキお月様はまぎれもなく三角なんだ。
24梶井基次郎群ようこあああ大きな落日が見たい
58渡辺一夫鶴見俊輔寛容は結局不寛容に勝つ。
48海音寺潮五郎目黒考二誰じゃとて、意地は通したい。
39中野重治加藤典洋雨は君らの熱い頬にきえる
45林芙美子田辺聖子あヽ二十五の女心の痛みかな
55中野好夫四方田犬彦聡明な悪人こそは地の塩である。
28堀辰雄池内紀風立ちぬ、いざ生きやめも。
40木山捷平東海林さだお相も変わらずぶらぶらと……
51幸田文安野光雅木と人、人と人、いろんな緑
6坂口安吾鶴見俊輔生きよ、堕ちよ
53宮本常一石牟礼道子人生の火は愛情に外ならない
36中島敦池澤夏樹天は何を見ているのだ。
4太宰治長部日出雄惚れたが悪いか
60花田清輝河合隼雄醒めながら眠り、眠りながら醒める。
46長谷川四郎鶴見俊輔おかし男 詩人だった
34大岡昇平森毅太陽はどこにいる。
42武田泰淳鶴見俊輔滅亡は生存するすべてのものに
54織田作之助多田道太郎流れ流れて仮寝の宿に
56富士正晴森毅こんなもんじゃよ、世の中はなあ
52深沢七郎中沢新一ちょっと一服、冥土道草
44梅崎春生中野翠死ぬまでは生きて行こう
32島尾敏雄田中美代子?仮借なく海はふくれ上ってきた。
16福永武彦菅野昭正?夜の死者の復す最後の歌
12三島由紀夫森毅今ここに在ることの永遠を…
14澁澤龍彦養老孟司肉体は一個のオブジェである。
8色川武大和田誠私は何故かいつも悔いている。
10開高健大岡玲情熱は暗い迷妄だ。
2寺山修司池内紀誰か故郷を思はざる

*1:正しくは門がまえに月