ちょうかい

一般

ちょうかい

ちょうかい

[ローマ字] JS Chōkai, DDG-176

ちょうかいは、海上自衛隊護衛艦イージス艦)で、こんごう型護衛艦の4番艦。

艦名は鳥海山に因む。

石川島播磨重工業東京第1工場で1995年5月29日に起工し、1996年8月27日に進水、1998年3月20日に就役した後に第4護衛隊群第64護衛隊に配属された。

また本艦は同型艦の中で唯一、イージスシステムがより新しいベースライン5であり、民生部品による低価格化、データリンクの機能向上等が進んでおり、またリンク16のアンテナを新造時より装備した。

さらに、長銃身化して弾丸の初速を増し、かつ不審船などへの対水上射撃も可能になったMk15 Block1BにCIWS換装したのも、本艦が同型艦中最初である。

2004年11月、テロ対策特別措置法に基づき、護衛艦おおなみ」、補給艦「ましゅう?」と共にインド洋派遣。2005年3月まで任務に従事。

現在は第2護衛隊群第6護衛隊に所属し、母港は佐世保である。

主要兵装

  • イージス装置一式
  • VLS装置一式
  • 高性能20mm機関砲x2
  • SSM装置一式
  • 54口径127mm連射砲
  • 3連装短魚雷発射管x2
  • 電波探知妨害装置一式
  • 対潜情報処理装置一式