ちりめんじゃこ

ちりめんじゃこ

ちりめんじゃこ

イワシ類(カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・シロウオイカナゴなど)の稚魚食塩水で煮た後、天日などで干した食品のこと。

ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かな皺をもつ絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えることからこの名前がついたといわれている。収量が多く、油分の少ないカタクチイワシの稚魚が用いられることが多い。ちりめんじゃこは関西での呼び名で比較的良く乾燥させたものを指し、関東ではシラス干しと呼ばれ生乾きの状態で出荷されていたが、現在ではその区別は曖昧になってきている。