てつはう

社会

てつはう

てつはう

鎌倉時代元寇で、元軍が使用した陶器などに火薬や鉄片をつめた武器。炸裂弾。

形状は球型。直径16〜20cm、総重量は4〜10kg。

非常に重かったため、敵が弓などの長距離武器を使う場合は不利だったとされる。

より遠くに飛ばす手段として、投石機が使われたとされる。


蒙古襲来 (戦争の日本史7)

蒙古襲来 (戦争の日本史7)