スマートフォン用の表示で見る

とうきょうスカイツリー駅

地理

とうきょうスカイツリー駅

とうきょうすかいつりーえき

とうきょうスカイツリー駅は、東京都墨田区押上に存在する東武鉄道の駅。

2012年3月17日の東武鉄道ダイヤ改正より、従来の「業平橋駅」から、同駅構内敷地を活用し建造した「東京スカイツリー」の本格稼働に伴い、「とうきょうスカイツリー駅」に名称を変更した。

なお、長らく親しまれてきた「業平橋」の名は、副名称「(旧業平橋)」として残された。

上りの特急全列車と、浅草駅を10:00以降に発車する下りの特急列車が停車するほか、快速区間快速区間急行区間準急、普通のすべてが停車する*1

押上駅とは運賃計算上、同じ駅として扱われている。

歴史

さらに前

1902年に「吾妻橋駅」として開業するが、1904年に東武亀戸線が開業して両国駅まで乗り入れて以降はしばらく営業していなかった。

1910年に初代「浅草駅」を名乗るようになる。両国駅への乗り入れも廃止された。

1931年に現在の「浅草駅」である「浅草雷門駅」までが開通したことによって「業平橋駅」になった。

業平橋駅時代

かつては現在のホームの他に、駅の構造上浅草駅に直接入線しない曳舟駅方面のみに入線可能な貨物ヤードが存在した。

貨物ヤードは貨物廃止後、1990年代に10両編成電車発着用の地上ホームを設置。朝ラッシュ時などには、このホームを利用した業平橋発着の電車が存在。徒歩連絡による押上駅乗り換えを使用して、浅草駅の容量不足を補っていた。

10両編成の上り電車については北千住駅で4両を解放し、以南を6両編成で浅草駅に向かったものや、10両編成の状態で北千住駅にて運転打ち切りとなった電車もあった(なお、後述の通り半蔵門線への直通電車は北千住駅以南でも10両編成の電車が入線できるようになったが、朝ラッシュ時間帯に10両編成の北千住駅止まりや編成の一部切り離しも東武スカイツリーラインのダイヤに存在している。また、半蔵門線東急田園都市線の運転異常時には久喜駅南栗橋駅からの10両編成の急行列車がやはり北千住駅で運転打ち切りとなり、以南については日比谷線千代田線などへ案内される)。

2003年、曳舟駅押上駅間に地下鉄半蔵門線への連絡線が開通し、北千住駅方面からの10両編成電車の半蔵門線直通が実現したことから、地上ホームは廃止され、跡地は「東京スカイツリータウン」用地に転用された。東武鉄道本社の最寄り駅。

付近の名所

>> 路線案内 東武鉄道 <<

伊勢崎線東武スカイツリーライン

  伊勢崎線(東武動物公園以遠)…(至・久喜駅 加須駅 羽生駅 館林駅 太田駅 伊勢崎駅 )

  東武日光線直通(東武動物公園分岐)…(至・南栗橋駅 板倉東洋大前駅 新栃木駅 新鹿沼駅 下今市駅 東武日光駅 )

   東武宇都宮線直通(東武日光線経由)…(至・東武宇都宮駅 )

   東武鬼怒川線直通(東武日光線経由)…(至・鬼怒川温泉駅 新藤原駅 )

    野岩鉄道直通(鬼怒川線経由)…(至・川治温泉駅 会津高原尾瀬口駅 )

     会津鉄道直通(野岩鉄道経由)…(至・会津田島駅 )


○ リスト:駅キーワード
○ リスト:駅つきキーワード

*1:2013年3月16日改正より

とうきょうスカイツリー駅
目次