とっぴんぱらり

読書

とっぴんぱらり

とっぴんぱらり

もしくは、「とっぺんぱらり〜」

秋田県地方において、昔話等の物語の最後を締める言葉。結語。

後ろに付く言葉は地域や時代によって「〜ぷぅ」、「〜すったごだっごのぴい」、「〜さんしょの実」等のバリエーションが見られる。

ex.とっぴんぱらりのぷぅ

類義語:「どっとはらい」「どんどはらい(どんどはらえ)」「とーびんと」「どんぴこからりん、すっからりん」「そいぎり」等、地域によってバリエーションがある。