とどのつまり

一般

とどのつまり

とどのつまり

とどのつまりとは、いきつくところ。結局。多くは、思わしくない結果や軽視されるべき結果である場合に用いる。

「とど」とは、出世魚であるボラの、関東や関西における最終的な呼び方である「トド」に由来していると言われており、それ以上大きくならないことからつけられたとされる。