とりあえずビール

とりあえずビール

とりあえずびーる

飲み会の席で同席者、または、店員に向けて最初に発せられる常套句。「とりあえずビール○つ!」もしくは、「とりあえずビール、でいいよね?」の形で使われることが多い。略して「とりビ」と言う強者もいるらしい。

店員に向けて発した場合は、銘柄を指定せずとも一般的なビールがサーブされるので便利である。

派生語として「とりあえず生中生ビールジョッキで中サイズの略)」あるいは「とりあえず生」もある。


"乾杯の一杯目はビール"現象の衰退

個性尊重の時世、草食男子の出現により、乾杯の一杯目はビールという風潮が衰退している。

このため、非ビール派に向けた「1杯だけでも・・・」「口をつけるだけでも・・・」という一時回避策が生まれたが、非ビール派の主張は年々高まり、ドリンクオーダー前の「ビールの人(ビール以外の人)、手を挙げて」が主流になってきた。