スマートフォン用の表示で見る

とれいゆ

一般

とれいゆ

とれいゆ

東日本旅客鉄道JR東日本)が2014年7月19日から、福島駅新庄駅間を中心に運行する予定の観光用列車の愛称。

概要

土休日を中心に年間120日程度運行する予定。

秋田新幹線で使用されていたE3系新幹線電車を改造した6両編成(11〜16号車:定員143人)で、車内には足湯や畳座敷を設けている。

2014年6月〜9月に開催される山形デスティネーションキャンペーンにあわせて、「乗ること自体が目的となる列車」を導入し、山形新幹線の魅力向上を図るとともに、山形県への誘客拡大につなげることを目的としている。

愛称は、列車の「トレイン」と、太陽を意味するフランス語の「ソレイユ」をあわせた造語で、温泉街を散策するように、車内で太陽の恵みによる食材や温泉、歴史、文化、自然を楽しんでもらうとの思いを込めた。

車内設備

11号車
普通車指定席。
12〜14号車
「お座敷指定席」。ゆったりとした畳座席とカバ材の大型テーブルを設け、天井や座席背板に山形のフルーツをモチーフとしたレリーフを草食して優雅な雰囲気を演出する。
15号車
「湯上りラウンジ」。本桜のテーブルや紅花色のバーカウンター、漆喰質の壁や石張りの小路を設置する。
16号車
木質ルーバーと黒塀のような側壁で囲われた空間に紅花色の湯船を2槽配置し、足湯でくつろぎながら車窓を眺められるようにする。