スマートフォン用の表示で見る

どうぶつの森e+

ゲーム

どうぶつの森e+

どうぶつのもりいーぷらす

任天堂より2003年6月27日に発売されたニンテンドーゲームキューブゲームソフト。公称ジャンルは"コミュニケーションゲーム"。

どうぶつの森」「どうぶつの森+」に続くシリーズ3作目。

北米版「Animal Clossing」を元に、新たな要素を追加した上で日本向けにローカライズしたソフト。カードeリーダー+同梱。

北米版がベースとなっているため、看板は全て英語であり、どうぶつ達のデザインや会話内容が変更され、ファミコンの形もNES(海外版ファミコン)となっている。おやしろも、願いの泉に変更。

ハーベストフェスティバルなど、アメリカならではのイベントが追加されている。逆に日本独自のイベントは削除されている。

また、社会風刺でYahoo!BBモデムの押売りがネタとして使われている。

ゲームボーイアドバンスGBAケーブルで繋ぐと、どうぶつ達とミニゲームを遊ぶことができる。また、入手したファミコン家具のゲームを、ゲームボーイアドバンスにジョイキャリーで転送して遊ぶことも可能。

SDカードアダプタに対応しており、村のデータをSDメモリーカードにコピーして、PCなどを介して他のプレイヤーにデーターを渡し、自分の村にお出かけしてもらうことができる。また、ゲームで撮影した写真(スクリーンショット)をSDカードに保存することも可能。

カードe

前作ではカードeとの直接の連動はなかったが、今作ではカードeリーダー+を利用することでどうぶつから家具などを手に入れることができる。カードeリーダー+を使用するには、ゲームボーイアドバンス本体とGBAケーブルが必要。

また、カードeのどうぶつを自分の村へ引っ越しさせることも可能。カードeからでしか登場しないどうぶつもいる。

どうぶつの森カードe+」に加え、「どうぶつの森+カードe」のカードも使用可能。

関連商品

どうぶつの森 e+

どうぶつの森 e+