スマートフォン用の表示で見る

どじょう内閣

社会

どじょう内閣

どじょうないかく

どじょう内閣とは、2011年9月2日に発足した野田内閣のこと。

民主党代表選の演説で野田佳彦が、自分を泥臭い「どじょう」にたとえて当選したことによる。

「どじょうが金魚のまねをしてもしょうがない。」

詩人相田みつを氏の「ドジョウ金魚のまねをしてもしょうがねえじゃん」からの引用。「ルックスはこの通り。私が仮に首相になっても支持率は上がらないと思う。だから、解散はしない」と詩を引用しながら、自虐的なジョークも交えて、会場を沸かせたことも当選の一因であると考えられている。最終演説でも「ドジョウのように泥臭く、国民のために汗をかきたい」と締めくくった。

影響(野田首相の演説後)



[rakuten:auc-kanpyo1:10002220:detail]